cafe de nut2 & nme

かふぇ・ど・なつ&んめ

2匹のボストンテリアなつとうめ&リョーシンのわんだふるライフ
<< なつ経過ビミョー。 | main | なつ通院終了 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
なつ夜間救急に行く!!
なつです。
食欲も睡眠もバッチリな術後ライフ。
そんな毎日を覆す騒ぎがありました。

お腹のキズをチェックするのが日課となったお母しゃん。
お腹を見て突然お仕事中のお父しゃんに電話をしました。
「すぐ帰って来て!傷が開いて・・・出てる、モツが出てる!」
慌ててわたしをタオルで包み、タクシーを呼びました。

1時間ほどかかる距離をタクシーで病院へ。
道すがら色々な考えがよぎります。
「腹膜だったらどうする?でも痛がらないし・・・。
体が熱っぽいから腸ねん転かも?苦しくはなさそう・・・。
それよりただのゴミだったらどうする〜!?」
ブツブツうるさいお母しゃんをよそに、
わたしは久々のタクシーにご機嫌でした。


病院はモチロンすでに時間外。
事前にお父しゃんが電話しておいてくれたので、
いつもの院長達が待っていてくれました。
キズをチェックして診断・・・
「これは〜乳腺炎ですね」
子宮と卵巣を取り除いたのでホルモンバランスが狂い、
お乳がパンパンに張っていたのです。
そしてそのお乳が皮膚下に溜まり、
縫い目の間からプクッと水ぶくれのように表面に現れた、
というのがモツっぽいものの正体でした。

ホッとしたのもつかの間、
このままでは乳房炎になるからと
医師陣4人がかりで乳を搾る搾る。
弧を描いて乳が飛び散る飛び散る。
「こんなに溜まっているとは思わなかった」
と医師陣も苦笑いする程のお乳の量。

ひとしきりお乳を搾って、皮膚下に溜まった乳液を出すため
モツに見えたプクッと出てきた水ぶくれに太い針で穴を開け、
ギュウギュウと腹を押す押す押す。
鼻水を飛ばして暴れるわたしと、失神寸前のお母しゃん。
よそから見たらものすごい光景です。

汗と涙と乳にまみれ、処置は終わりました。
「これでは抜糸はまだ無理ですね。 
 キズが開いちゃって皮膚下が出てきているので
 これから毎日2回くらい押し込んで下さいね。」
半泣きで首を横に振り続けるお母しゃん。
「簡単ですよ。お乳を搾った後、こうやってギュウ〜と」
口を一文字に結び、壊れた人形のように
首を横に振るお母しゃんにやっと院長もあきらめ
「ダンナさんにお願いした方が良さそうですね」
とりあえず今日は炎症止めの注射を打ち
明日また仕切り直すことになりました。

お父しゃんが到着した頃には
わたしもお母しゃんもグッタリ。
また明日これをやるのか。。。
あと一ヶ月はこれをやるらしいよ。。。トホ。

| なつ | hospital | 22:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 22:54 | - | - |









http://nut2.jugem.jp/trackback/882
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
+ PROFILE
なつもうめも御用達
Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)
犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』
レタスクラブネット
アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ
+ CATEGORIES
+ SELECTED ENTRIES
+ LINKS
+ RECENT COMMENTS
+ ARCHIVES